セリーヌ(CELINE)/ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

1945年に創立したフランスのアパレルブランド。
  創立者はセリーヌ・ヴィピアナ(Céline VIPIANA)。オーダーメイドの子供革靴専門店としてフランス・パリのマルタ通りに創立。以後、靴やバッグ等の皮製品、アクセサリー等に拡大。
  1962年から1963年にかけてレディースシューズをスタート。
  1967年からプレタポルテ・コレクションを開始。ベーシックなデザインと上品な雰囲気でトータルファッションを提唱し、パリの BCBG の代名詞になった。
  1996年、LVMH モエヘネシー・ルイヴィトングループ(LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton S.A.)の傘下に入る。
  1998-1999 A/W より、当時ニューヨークで活躍していたマイケル・コース(Michael KORS)をチーフデザイナーに招き、新たな展開を向える。
  2004 S/S には、ショール(Scholl)とコラボレートし、「ショール・バイ・セリーヌ(Scholl by CELINE)」を発表。
  2004年9月20日、表参道に路面店をオープン。同店は総面積は約330平方メートルという当時国内最大規模のブティックである。
  2005 S/S から 2005-2006 A/W まで、バーバリー・プローサム コレクション(BURBERRY PRORSUM COLLECTION)のデザイナーを務めた経験のある、ロベルト・メニケッティ(Roberto MENICHETTI)がアーティスティック・ディレクターを務める。
  2005年4月23日、東京・銀座の並木通りに路面店をオープン。
  2005年のクルーズコレクションより、イヴァナ・オマジック(Ivana OMAZIC)がアーティスティック・ディレクターを務める。尚、イヴァナの本格デビューは 2006 S/S からになる。
  2010 S/S より、フィービー・ファイロ(Phoebe PHILO)がクリエイティヴ・ディレクターを務める。
  フィービー・ファイロは1973年、フランスのパリに生まれる。ロンドン校外で育ち、私立高校を経て、1993年、セントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(The London Institute Central Saint Martins College of Art and Design)に入学。1996年に卒業後、4年間、クロエ(Chloe)のアシスタント・デザイナーを務める。2002 S/S より、クロエのクリエイティヴ・ディレクターを務めた。2010年、英国ファッション大賞を授与される。
  2009年3月14日、冨永愛とコラボレートしたマザーバッグを発表。
  2010年12月4日、セリーヌONE表参道ブティックをリニューアルオープン。総売場面積は約107平方メートル。

編集中で御座います。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事