タグ・ホイヤー(TAG Heuer )//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under 時計ブランド紹介.

【タグ・ホイヤー(TAG Heuer )概要】
ドイツ系スイス人で、ベルン州ブリュック出身のエドウアルト・ホイヤー(Edouard Heuer, 1840年 – 1892年)が1860年に設立した。設立当初からストップウオッチや、クロノグラフといったスポーツウオッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの歴史に貢献している。
1985年までの社名はホイヤー社で、クオーツショックで資金難だったところをマンスール・オジェ率いるTAGグループ(現 Techniques d’Avant Garde)からの資金援助を受け、現在の社名に変更。その後1999年9月にLVMH(Moët Hennessy – Louis Vuitton)が同社の株式の50.1%を取得し、現在はLVMH傘下となっている。
2003年まではF1の公式計時を担当していたが、同年限りでF1の公式計時から撤退する一方で、2004年よりインディカー・シリーズの公式計時を担当している。

【タグ・ホイヤー(TAG Heuer )歴史】
1860年 – エドウアルト・ホイヤーによりスイスのサンティミエで設立。
1916年 – 世界初の100分の1秒まで計測可能なストップウオッチ『マイクログラフ』を開発。
1920年 – アントワープオリンピックの公式計時を初めて担当。
1963年 – クロノグラフの製造会社レオニダス社と合併。正式な社名はホイヤー=レオニダス社となる。
1969年 – 角型時計としては世界初の防水クロノグラフ『モナコ』、世界初の自動巻きクロノグラフ『クロノマチック』などを発表。
1971年 – F1の公式計時を初めて担当。
1982年 – ピアジェの傘下に入る。4代目ジャック・ホイヤーが社長から退任し、創業者一族による経営は途絶える。
1985年 – ピアジェの傘下から離れ、TAGグループからの資金援助を受けて『ホイヤー』から『タグ・ホイヤー』に社名を変更。
1999年 – LVMHの傘下に入る。
2001年 – 現CEOジャン・クリストフ・ババンの懇請で、ジャック・ホイヤーが名誉会長に就任。
2004年 – インディカー・シリーズの公式計時を初めて担当。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事