ジョン・ガリアーノ(John GALLIANO)//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

 

【ジョン・ガリアーノ歴史】

ジョン・ガリアーノ(John GALLIANO)は、1985年、ロンドンコレクションでデビューした高級ブランド。
設立者は、ブランドと同名の「ジョン・ガリアーノ(本名は、ホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ)」。1960年の11月28日にスペイン・ジブラルタルに生まれて、6才のときにロンドンへ移住した。
そこで、ファッション学校の名門「セントラル・セントマーチンズ」のテキスタイル科に入学。モード科に移籍した後、1984年には首席(トップ)で卒業する。
ジョン・ガリアーノが卒業制作に作成したコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」は、ロンドンのショップ「ブラウンズ」に展示されていたんだけど、それがかなり好評で、そのままブラウンズの「ジョーン・バーンスタイン(Joan Burstein)」と5年間の契約を結ぶんだ。
そして1985年に、ロンドンコレクションでデビュー。丁寧な仕事ぶりと確かな技術が評価され、ジョン・ガリアーノの名前がファッションの世界に刻まれることになった。
1989年には、パリのオートクチュール協会から招待を受けてコレクションを発表し、1991年、パリ・コレクションの正式メンバーに加入したのを契機に、本拠をパリに移した。
でも、このころのガリアーノは今のようなカリスマではなく、あまりにも先進的すぎる個性が、なかなか評価されなかったそうだ。
見るだけなら楽しいけど、実際に売るには流行と違いすぎたり・・・。
シンプルでシャープなデザインや、カジュアルで古着風の着こなし(グランジファッション)が流行っていた時代、ジョン・ガリアーノの華やかな世界観は合わなかったようだ。
今でこそ一流のカリスマデザイナーになってるジョン・ガリアーノだけど、かなり苦労しながら、諦めずに自分のスタイルを貫いていった人である。
そんなガリアーノに転機が訪れるのが1995年。フランスの高級ブランド「ジバンシー(GIVENCHY)」のデザイナーに大抜擢されて話題になるよ。
結局、ジバンシーのコレクションを手がけたのは、「1996/SS」と「1996-97/AW」の2回だけだったんだけど、ジョン・ガリアーノの勢いは止まらず、1996年に「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」のレディースのデザイナーに就任する。
当時のディオールって、正直、パッとした話題もなく人気も下降気味だったんだけど、ガリアーノの実力で一気に人気が戻ってきたっていうからスゴイ。
ディオールのキーアイテムに「ニュールック」というものがあるんだけど、それを現代風にアレンジしたりで、ディオールに敬意を払いながらも自身の存在感をアピールしている。
2007年には、セカンドラインの「ガリアーノ(Galliano)」をスタートさせ、他にも、「ディーゼル(DIESEL)」や「スワロフスキー(SWAROVSKI)」等ともコラボレートし、どんどん活躍の場を広げていってる。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事