ブシュロン(Boucheron)//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under 時計ブランド紹介.

【ブシュロン歴史】

1858年に創業。1893年に、ハイジュエラーとしては初めてパリ・ヴァンドーム広場にブティックを構えた。ダイヤモンドを使用した装飾彫刻に関する試行錯誤を重ね、スネークやアールヌーボー様式の典型的なモチーフを使い、自然をいかしたスタイルをまっさきに取り入れたのもブシュロンである。
21世紀を迎え、メゾンがその歴史の中で残してきた比類なき遺産を大切にしながらも、ブシュロンは大胆かつ華麗、モダンな装飾品の代名詞として現代を代表するブランドとなった。
アメリカ人女優エヴァ・ロンゴリアは、NBAのバスケット選手であるトニー・パーカーとの結婚式で、ジュエリーには、ホワイト・ゴールドに極彩色のダイヤモンドをはめ込んだ“ラジャ”のネックレスとイヤリングを選んだ。式は2007年7月6日、パリ4区の市役所にて行われる。
アメリカ人女優ジョディ・フォスターは、2007年2月25日ロサンジェルスで行われた第79回アカデミー賞のセレモニーにて、アヴァ・コレクションからサファイアの房型イヤリングと指輪を選び、その装いに花を添える。
フランス人女優ジュリエット・ビノシュは、2007年2月24日に行われた第32回セザール賞のセレモニーの装いに、ダイヤモンドとルビーで仕立てた一点ものの高級ネックレスを選びました。このセレモニーが行われたのは、パリのシャトレー劇場であった。 同セレモニーにて、映画『je vais bien, ne t’en fais pas』(原題)の出演によって新人女優賞を受賞した女優メラニー・ロランは、“Delilah”のピンク・ゴールドのネックレスを髪飾りにし、女優であり監督でもあるマイウェンは“Cinna”のダイヤモンドのマンシェット・ブレスレットとドロップ・イヤリングを身に付ける。
2010年の第82回アカデミー賞において、『ハート・ロッカー』で6部門(作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞)を制したアメリカ人女性監督キャスリン・ビグローがオスカー受賞の際、着用していたジュエリーは、ブシュロンである。「アバ」コレクションの、ダイヤモンドとホワイトゴールドのスタッズイヤリングと、「アリアンヌ」コレクションの、ダイヤモンドとホワイトゴールドのブレスレッドが使用。
1988年には、ブシュロンのスピリットを香水にこめて表現した初のビジュー・パルファンを発表する。
2000年から、グッチグループ傘下。
2005年にはビジューの創作を開始し、ブシュロン ブランドはあらたなスタート。
2008年、ブシュロンは創業150周年を迎える。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事