アレキサンダー・マックイーン//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

【アレキサンダー・マックイーン歴史】

リー・アレキサンダー・マックイーン(Lee Alexander McQUEEN、1969年3月17日 – 2010年2月11日)は、イギリスの男性ファッションデザイナー。型にはまらないデザインと衝撃を与える手法で知られていた。その劇的なデザインは幾多の賞賛を受け、ビョーク、レディー・ガガ、リアーナなどの前衛的なファッション・スタイルをもつ顧客を抱えていたほか、ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを4度にわたって受賞した。
英国の首都ロンドンの郊外に6人兄弟の末っ子として出生。16歳で学校を辞め、サヴィル・ローのテーラーにアシスタントとして雇われた。その後イタリアのロメオ・ジリのアトリエに勤務、のち再びロンドンへ戻りセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインに入学。
1991年、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの卒業コレクションの時に、「ヴォーグ」のエディターでスタイリストとしても知られていたイザベラ・ブロウの目に留まったことがきっかけでデビューが決定した[3]。この時ブロウは、マックイーンがまだ無名の存在であったにも関わらず、彼の卒業コレクションを5,000ポンドという破格の値段で全て買い取ったという[4]。
1996年にロンドンコレクションに参加。同じ年ジバンシーのデザイナーに抜擢されるが、2000年12月、「マックイーン社」株の51%をグッチグループに売却。これが原因で、LVMHの傘下にあるジバンシー社とは仲違いをする。2001年10月の契約期限完了とともにデザイナーを更迭された。
自身のブランドのファーストラインの他にセカンドラインとしての「マックキュー(McQ)」に加え、プーマとのコラボレーションでスニーカーのデザインも行っていた。
2009年のコレクションから
ケイト・モスは良き友人として知られ、彼女が薬物スキャンダルで批判されていた時にも擁護していた。モスを励ますために、スキャンダル発覚直後の06年春夏コレクションのフィナーレで「We Love You Kate」とプリントされたTシャツを着てランウェイに登場している。翌シーズンの秋冬コレクションではホログラム映像でモスを登場させた。
私生活では、2000年にパートナーの男性と結婚式を挙げて注目された。[7]
死去 [編集]
2010年2月11日に死亡しているのが発見された。満40歳没。死亡の発表は同日の午後に行われた。朝、グリーンストリートに面した自宅で亡くなっているのを、家政婦が発見した。
マックイーンは母親をロンドン・ファッションウィークの数日前に亡くしていた。イギリスのタブロイド『サン』はマックイーンが首吊り自殺をしたと報じたが、これは正確な情報ではなかった。警察は事件性はないと述べたが、自殺であったという正式な発表はしていない模様。
アレキサンダー・マックイーンの事務所は公式サイトに「リー・マックイーンの家族に代わって、アレキサンダー・マックイーンの創設者でデザイナーのリー・マックイーンが遺体で発見されたという悲劇のニュースを発表する。我々はショックと悲しみをリーの家族と共有している現段階で、この悲劇のニュースにコメントすることは不適当である。リーの家族はプライバシーを求めた。我々はメディアがこれを尊重することを望む。」という声明を発表しました。
2010年2月18日、グッチ・グループCEOのロバート・ポレットはアレキサンダー・マックイーン・ビジネスをその創設者とクリエイティブディレクターなしで継続すると発表した。彼はマックイーンコレクションがパリ・ファッション・ウィークの間、掲示されると付け加えている。
葬儀は2010年2月25日に西ロンドン・ナイツブリッジの聖ポール教会で行わている。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事