ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

【ラルフ・ローレン歴史】

1939年にニューヨークのブロンクス区に、ベラルーシ系アシュケナージ・ユダヤ人の移民で家屋塗装業を営むフランク・リフシッツ (Frank Lifshitz) とフレイドル・コトラー (Fraydl Kotlar) の間に生まれました。
ニューヨーク市立大学バルーク校にて2年間ビジネスを学ぶが中退。1962年から1964年までアメリカ陸軍に入隊。除隊後の1968年、リッキー・ロービアと結婚した。ファッション学校に通わず、セールスマンとしてブルックス・ブラザーズで働いた後、1967年にノーマン・ヒルトンの財政的支援のもと、ネクタイ店を開業し自身のブランド「ポロ」(Polo) を含むネクタイを販売した。後にこのブランドをヒルトンから購入している。ローレンのファッション王国はその後、10億ドルのビジネスに成長することとなる。
1971年から婦人服も手がけ始めた。1977年のアメリカ映画『アニー・ホール』で、主演のウディ・アレンとダイアン・キートンが彼の服を着たことで「アニー・ホール・ルック」と称され一世を風靡。
1986年には、フランス・パリ市内にアメリカ人デザイナーとして初めて路面店をオープンした。1990年代中頃、ポロ・ラルフ・ローレンは公開企業となり、シンボルであるRLの下でニューヨーク証券取引所に上場されました。
2006年3月30日、東京・表参道にアジアの旗艦店となる「ラルフ・ローレン表参道」をオープン。その後、日本では銀座にも路面店を開店しています。
2007年時点で、ラルフ・ローレンはアメリカ国内に35か所以上のブティックを持っており、そのうち23か所ではラルフローレン・パープル・レーベルを扱っている。
ローレン自身はデザイン画を描くことが苦手だと明かしており、自分はデザイナーではなく自分の持つコンセプトをデザイナーへ提案する人、コンセプターであると称している。
2009年には、その広告に起用したモデルの写真に過剰なデジタル修正を施していたことが話題となり、これについて、「女性の体型についての歪んだイメージで写真を修正したことに責任を感じている」との旨の謝罪を行った[1]。問題となった専属モデルはフィリッパ・ハミルトンで、「太りすぎている」との理由からラルフ・ローレンから解雇されていたことも明らかである。
ラルフ ローレン パープル レーベル
ラルフ ローレン ブラック レーベル
ポロ ラルフ ローレン
ダブル アール エル
アール エル エックスラルフ ローレン
アール エル エックス ゴルフ
ラルフ ローレン ゴルフ
ラグビー ラルフ ローレン
女性
ラルフ ローレン コレクション
ラルフ ローレン ブラック レーベル
ラルフ ローレン ブルー レーベル
ラルフ ローレン ブルー レーベル
ダブル アール エル
アール エル エックス ラルフ ローレン
アール エル エックス ゴルフ
ラルフ ローレン ゴルフ
デニム&サプライ ラルフ ローレン
ラグビー ラルフ ローレン
子供
ラルフ ローレン ボーイズ&ガールズ
ラルフ ローレン トドラー
ラルフ ローレン インファント
ラルフ ローレン レイエット
ホーム
ラルフ ローレン ホーム

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事