コーチ (COACH)//ブランドWiki・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

 

【歴史】

1941年、ニューヨーク・マンハッタンのロフトにて、最初はマイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻達による6名の職人で、 家族経営の皮革小物工房として第一歩をスタートした。
彼等は、使い込む程、良くなじみ味が出る野球のグローブにヒントを得、皮独特の美しさ・丈夫さを等、 皮本来の持ち味を生かした製品を作り出したいと考えた。
60年代初期に第一号バッグが遂に誕生させる。
製品の一つひとつは手作業で丁寧に作られ、又、化学薬品を使用していない天然皮革は、耐久性・機能性に優れている。 これを皮切りに、バッグや小物等を中心にファンッショん分野へ進出していく。
1962年、前衛的なデザイナーとして頭角を現し 映画「王様と私」の衣装などをデザインしたボニー・カシンを迎え入れる。 彼女は買い物袋から発案したカジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表。「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」等、 次々とヒット作を生み出す。現在のバッグにも使用されているクリップ式金具や「ドッグリーシュ」の金具も彼女の発案である。
1988年、三越と提携。日本進出を果たす。同年9月に横浜三越店、日本橋三越店がオープン。
1996年、トミー・ヒルフィガーでデザイン・マーケティング等を担当していたリード・クラッコフ (現社長兼エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)を迎え入れ、実用性のみならずファッション性ファッション面を強化した。
2001年、CFDA(アメリカ・ファッションデザイナー評議会)のアクセサリー部門、最優秀賞を受賞。
1998年、「ネオ・コレクション」を発表。実用的で体になじむ事を目的にデザインされた、高品質レザーに代わる新素材を開発。 同年9月、スイスの高級時計メーカー「モバード・グループ」とライセンス契約し、「ウオッチ・コレクション」を発売。 スイス製の高性能ムーブメントと、付け心地の良い革ストラップやスタイリッシュなケース、ブレスレットが評価を得た。
2001年8月、住友商事と合弁、コーチ・ジャパンを設立。三越子会社から店舗を引き継ぎ、2002年3月時点で79店舗を展開。
2002年5月には旗艦店である銀座店を開店。日本未入荷アイテムなどの充実した品揃えで日本最大のショップとして盛況を得る。
2003年4月、心斎橋に関西初の路面店をオープン。 同年、第2旗艦店である渋谷店、六本木ヒルズ店を続々とオープンさせる。
2004年、第3の旗艦店である丸の内店オープン 。  現在アメリカには200以上のコーチ店がある。

【ラインナップ】

ハンプトンズ ハンドバッグ
リゾートコレクション
ギャラリートート
ブリーカー ハンドバッグ
ダッフル
ヘリテージストライプ
レガシーハンドバッグ
コーチエルゴハンドバッグ
シグネチャー ストライプ ハンドバッグ
パーティーバッグ
斜めがけバッグ、
クラシック シグネチャー ハンドバッグ

【簡単偽物判別】

編集中で御座います。

◆コーチ買取販売オススメ店舗◆

ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事