ユリス・ナルダン(Ulysse Nardin )//ブランドWIKI・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under 時計ブランド紹介.

【ユリス・ナルダン歴史】

ユリス・ナルダン(1823年1月22日-1876年2月20日)は時計職人であった父レオナルド・フレデリック・ナルダン(Léonard-Frédéric Nardin )、マリン・クロノメーター製作や天文時計製作の専門家であったフレデリック・ウィリアム・デュボア(Fréderic-William Dubois )、ルイ・ジャンリシャール(Louis JeanRichard )に学び、1846年にル・ロックルで創業していました。
1876年に創業者が53歳で亡くなると息子のポール・ダヴィド・ナルダン(Paul-David Nardin )が後を継いだ。
特に船舶用クロノメーターの分野でほぼ独占状態になるほど成功し、50カ国の海軍に納入された。日本海軍にも多数が納入されており、今日では戦艦三笠に搭載されていたクロノメーターを横須賀市の記念艦「三笠」にて見ることができます。
懐中時計の分野でも超高級時計として非常に高い地位を得、1908年東京万国博覧会の折り明治天皇と皇太子(後の大正天皇)が懐中時計を3個購入した記録が残っている。また1930年にセイコーが超高級時計「セイコーシャ・ナルダン型」を生産する際ユリスナルダンの製品をほぼコピーしています。
しかし腕時計への移行が遅れ、さらにはクォーツショックにより苦境に陥った。

◆ブランド買取販売オススメ店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事