ボッテガ・ヴェネタ (BOTTEGA VENETA)//ブランドWiki・ブランド情報・口コミ

Posted by & filed under ブランド紹介.

【歴史】

ボッテガ・ヴェネタのモットー「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough) には、個性と自信を尊重するブランド哲学が表現されており、現在では、レディースおよびメンズのプレタポルテ、宝飾品、家具など、ボッテガ・ヴェネタの様々な製品に反映されている。
ボッテガ・ヴェネタでは職人とデザイナーが協力し合い、ともにインスピレーションを高めていくというアプローチをとっている。また、職人たちが熟練の伝統技能と革新性を組み合わせ、その技を発揮するアトリエを大切に守り続けている。職人技の重要性を認識するとともに、伝統的な生活様式が壊れていくことを危ぶみ、2006年夏には、次世代の革職人を養成し、支援するための学校を開校した。
2001年2月にグッチ・グループの傘下となり、同年の6月にクリエイティブ・ディレクターとしてトーマス・マイヤーが就任。マイヤーによる初のコレクションとなる2002年S/Sコレクションは評論家から高い称賛を得た。グッチ・グループが2004年7月にPPR社の傘下に入ってからは、宝飾品、時計、家具など、服飾・バッグ・小物類以外の分野でもコレクションの幅を広げている。2011年にはブルーベルグループ(日本での販売代理店はコティ・プレステージ・ジャパン)によるライセンス生産で香水の展開を開始した。

【ブティック】

ボッテガ・ヴェネタの販売網はヨーロッパからアジア、北米を囲むように全世界に及ぶ。日本では直営店および厳選された百貨店にて展開をしている。国外ではイタリア、スペイン、フランス、イギリス、スイス、ドイツ、ギリシャ、ロシア、トルコ、デンマーク、スウェーデン、リトアニア、ウクライナ、中国、日本、香港、グアム、韓国、台湾、シンガポール、インドネシア、フィリピン、タイ、クウェート、インド、マレーシア、アラブ首長国連邦、オーストラリア、サウジアラビアにて販売を行っている。

【簡単偽物判別】

編集中で御座います。

◆ボッテガ・ヴェネタ買取販売オススメ店舗◆

ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

オススメ記事